舟の右側
地引網出版
文字サイズの変更
文字サイズ小
文字サイズ標準
文字サイズ大
キリスト教雑誌 舟の右側

ワイチローの取材日誌

リバイバルジャパン取材日誌

新刊『家族に「神のかたち」を取り戻そう』

更新日:2016年9月 8日

ホノルル・キリスト教会の関真士牧師の新刊が出来上がってきました。タイトルは『家族に「神のかたち」を取り戻そう』(地引網出版)。「リバイバル・ジャパン」と「舟の右側」で連載した子育て、夫婦関係の連載をベースに、改訂を加えたものです。人の人格を「神のかたち」とし、子育てとは、それぞれの子どもに「神のかたち」が形成されるのを助けることだと説きます。行き詰まりを覚えていた夫婦関係にも回復が与えられたという、妻れいさんの証しも掲載されています。

20160908170631.jpg

CGNTV 収録内容

更新日:2016年8月 4日

キリスト教衛星放送のCGNTVで『私は教会のメンバーです』(トム・S・レイナー著 赤松樹美子訳)の収録をしてきました。インタビュアーは久米小百合さん。以下は、その日のために準備した原稿で、およそこの通りのことを語りました。

Q1.今日ご紹介いただく本、「私は教会のメンバーです」は谷口さんが代表をされている地引網出版から出されたということで、出版に至った経緯を教えていただけますか?

谷口:社内のスタッフのひとりが次に出す本として勧めてくれました。著者のトム・レイナーさんは、アメリカのバプテスト派の信徒なんですが、神学博士号も持つ人で、教会向けのコンサルタント会社を経営しています。これまでに500以上の教会のコンサルタントをしてきた経験から、教会が抱える悩みをよく知っておられる方なんですね。そういう信徒の視点から「教会のメンバー」について書いた本ということで興味を持ち、出版に至りました。

Q2.著者がなぜこの本を書かれたのかを教えてくだい。

谷口:端的に言うと、こういう一文があるんですね。「この小さな本を通して地域教会が強められること、それが私の祈りです。また、そこに集う一人ひとりがキリストの体に属していることの途方もない価値を見出してくださるようにと祈ります。」 著者は、会員制カントリークラブのメンバーと、教会のメンバーを対比させながら話を進めていくのですが、会員制カントリークラブというのは、お金を払ってサービスを受ける、というものです。そういう感覚が教会の中にも入り込んでしまって、献金しているんだから私たちはサービスを受ける権利がある、と思い込んでいる人たちがいる。教会の礼拝スタイルも、説教も牧会も、私たちを満足させるものでなければならないという心理的傾向です。これは表立って言うわけではありませんが、資本主義社会に生きる私たちが陥りやすい傾向だと思います。消費者マインドというか。 著者は、聖書はそんなこと言っていないはずだ、と反論するわけです。

Q3. 内容がとてもわかりやすく、簡潔に本質を捉えていると感じました。また、章ごとに「約束の告白」と「学びのために」で締めくくっているので、ポイントが理解しやすくなっていますね。これは、アメリカでも多くのクリスチャンに読まれているのですか?

谷口:アメリカではたくさんのキリスト教の本が出版されていますが、そういった本の売上げランキングでNo.1を取った本でもあります。原題は『I Am a Church Member』。つまり、著者のそういう主張に共感する人もたくさんいたということですね。アマゾン(米国)のカスタマーレビューでは640件ほどの書き込みがあって、ほとんどが5つ星の好意的な内容になっています。また、これは一方的な見方だとする反論もあります。どちらにしろ、相当反響があったということです。

Q4. 本書の中で、教会のメンバーが陥りやすい10パターンが書かれていますが、実際に思い当たることもあり、心が痛い思いがしました。ここで、みなさんにも10パターンをご紹介いただけますか?

谷口:「礼拝をめぐる争い」「延々と続くが、たいして重要ではない会議」「設備が大事」「プログラム主導」「内部に焦点を当てた予算配分」「牧会的ケアに対して注文が多い」「権利を求める態度」「福音よりも教会の変化の方が重大な関心事」「敵意と怒り」「福音に対する無関心」。著者は、500以上の教会をリサーチして、ここに挙げた10の傾向があるとしています。礼拝では、どういう賛美を選ぶかで争いが起こり、一旦始めたプログラムを止めることが難しくなる。それぞれが自分の好みを主張したり、自分は重要人物であるかのように振る舞ったりしていくと、教会は、牧師や信徒の力関係で動くようになるわけです。

Q5. 教会はよくキリストの体とたとえられますが、この本ではどのように説明されていますか?

谷口:第一コリント12章27-28節、「あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。」が本書の中心聖句ですが、この「器官」というのが英語では「member」なんですね。memberにはもちろん「一員」とか「会員」とかいう社会的な意味もあるわけですが、体の一部であるという分かちがたい構成要素という意味もある。著者は、その後者の意味が本来の聖書の主張だと訴えているわけです。 本書の序章では、二人の教会員の会話が出てくるのですが、その一人が「教会を出ようと思う。」と言うわけです。理由を聞くと、「牧師の説教で恵まれないから。」よく聞く話しのようにも思いますが、そこで私たちはどう振る舞うかが問われる。もっと恵まれる説教、もっと恵まれる教会を求めて、あちこちと探し回るのか。あるいは、その教会で、牧師が説教に集中できるように、他の奉仕を買って出て助けてあげるのか。真の教会のメンバーだったらどうするかが問われてくるのです。

Q6. 外国の本を日本語にして出版するというのは、大変なご苦労があったと思うのですが、いかがだったしょうか?

谷口:単行本というのは翻訳者と編集者の共同作業という面があります。今回翻訳してくれた赤松樹美子さんは、とても分かりやすい翻訳をする方で、少し難しい英文でも、要はこういうことです、という簡潔な訳をしてくれました。編集には、弊社の箭内という者と私が関わったのですが、箭内は優しい性格なので翻訳者の訳をあまりいじりません。でも私は、分かりやすくし過ぎだろう、もっと英文そのものが言っていることを伝えてほしいと言って、少し直訳に近づけました。あと、表紙のデザインはクリスチャンの古閑学人さんがしてくださったのですが、とても良いものが出来たと思います。

Q7.谷口さんご自身はこの本を通して、どんなことをお感じになられましたか?

谷口:日本のキリスト教会全般として、しばらく前から「教会のカルト化」ということがさかんに言われて来ました。でも「カルト」というのは「狂信的集団」を指す言葉ですから、言葉として適当ではないと思います。「権威を逸脱して用いた牧師」とか「牧師に盲目的に従った信徒たち」とか、そういう丁寧な言い方が必要です。ただ実際に、そうした問題があったことは確かで、それは改善していかなければならないと思います。
しかし一方で、教会に深く関わることは危険だ、あまりのめり込まない方がいい、という風潮も生まれてきています。個々人が神様とだけつながっていればいい、ということです。しかしそれもまた、聖書が言う教会ではないと思うのです。神様と繋がり、兄弟姉妹と繋がり、いかにして神様が望まれる愛の共同体を築き上げていくのか、それが問われている。
私自身、ある教会に属する信徒なのですが、牧師をはじめ信徒一人ひとりの方が教会に存在している、その存在自体から大きな恵みを得ています。ガーデニングを考えていただけるといいかと思いますが、庭に一本だけ花が咲いていたら、その花が枯れないようにするためには、絶えず目を配って水をやらなければなりません。しかし、多様な種類の花や木があれば、相互作用で土地の水分は保たれ、ミミズも土地を耕し、木陰もできて花は枯れにくくなるのです。私はそういう、多種多様な教会のメンバーが存在する力というものを実感しています。「存在力」と言ったらいいでしょうか。 そうした存在の恵みを受けながら、次の段階として仕え合っていく、そうすればさらに素晴らしい教会になっていくと思うのです。

Q8.地引網出版、あるいは谷口さんご自身の今後の計画、ビジョンについて教えてください。

谷口:地引網出版としては今、一つのテーマを掲げていまして、それは「あなたが変わる。教会が変わる」というものです。「日本の教会は変わらないといけない」などの言葉はよく聞くのですが、やはり何よりも、一人ひとりが愛の人格に変えられて、その集合体としての教会が変わっていくはずです。だから、人はどうしたらキリストの似姿に近づいていけるのか、という大きなテーマに、出版社としても取り組んでいきたいと思っています。そこで月刊「舟の右側」では、霊的形成とか霊的同伴などの特集を組んでいます。 また私自身は、一つの教会の一信徒としてどう生きていくのか、それを求め続けていきたい。またそれが、今後の出版にも良い影響を与えると思っています。

20160804164353.jpg

舟の右側8月号出来!

更新日:2016年7月25日

舟の右側8月号が出来上がってきました。今回の特集は「霊的同伴」。30年ほど霊的同伴を実践してきたカトリックの英隆一朗神父の講義、5年前から霊的同伴を受けてきた翻訳家の中村佐知さんの証と解説、リージェントカレッジなどで「霊性」について教えているスーザン・フィリップスさんの講演を掲載。霊的同伴(スピリチュアル・ディレクション)の全体像が分かる内容となっています。

メッセージは、高橋秀典牧師による「不正の富で友をつくる」。解釈が難しいとされるルカの福音書16章の「不正な管理人」のたとえ話を、わかりやすく解説しています。地上のお金という「小さな事」に不忠実な人に、神の国に関する霊的な「大きな事」は任せられないという真理が語られています。

また、神様の愛、十字架の愛が強く強く迫ってくるのが、連載「焚き火を囲んで聴く神の物語」(大頭眞一牧師)、「東風吹かば」(ゲオルギー松島雄一神父)、「霊的成熟を目指して」(関真士牧師)。

先日の神戸リバイバル聖会で語られたナオミ・ダウディ師(トリニティ・クリスチャンセンター前主任牧師)のメッセージも収録しています。

20160725114106.jpg

最新の取材日誌

新刊『家族に「神のかたち」を取り戻そう』

更新日:2016年9月 8日

CGNTV 収録内容

更新日:2016年8月 4日

舟の右側8月号出来!

更新日:2016年7月25日

『私は教会のメンバーです』

更新日:2016年6月28日

売り切れ?

更新日:2016年5月27日

お詫び

更新日:2016年3月 1日
地引網出版オススメ商品
あなたがずっと求めていた人生
あなたがずっと求めていた人生
定価:2,200円+税
発売日:2014年5月25日
お金と信仰
CD「お金と信仰
定価:1,500円+税
発売日:2014年5月7日
求道者伝道テキスト
求道者伝道テキスト
定価:750円+税
発売日:2014年4月16日
このWEBページの先頭へ行きます
合資会社リバイバル新聞社(地引網出版)
〒191-0065 東京都日野市旭が丘2-2-1
TEL / 042-514-8590 FAX / 042-514-8591